このブログについて

ティラミスぽけ(@jolly_gliscor)と申します.

本ブログではハピナス・ラッキー入りの構築について考察する.

あとは私の記憶の整理.

 

s11以前の構築は真面目な記事にしていないが, こんな構築を使っていた.

末尾はいずれも最終レート.

最高レートもほとんど変わらない.

 

s1 f:id:MegaBlissey:20181215020025p:plainf:id:MegaBlissey:20181215020138p:plainf:id:MegaBlissey:20181215015935p:plainf:id:MegaBlissey:20181215020254p:plainf:id:MegaBlissey:20181215015908p:plainf:id:MegaBlissey:20181215015945p:plain 2003

s2 f:id:MegaBlissey:20181215020025p:plainf:id:MegaBlissey:20181215015926p:plainf:id:MegaBlissey:20181215020051p:plainf:id:MegaBlissey:20181215015954p:plainf:id:MegaBlissey:20181215020216p:plainf:id:MegaBlissey:20181215020242p:plain 2010

s3 f:id:MegaBlissey:20181215015545p:plainf:id:MegaBlissey:20181215020051p:plainf:id:MegaBlissey:20181215020720p:plainf:id:MegaBlissey:20181215020003p:plainf:id:MegaBlissey:20181215020101p:plainf:id:MegaBlissey:20181215015945p:plain 2002

s4 f:id:MegaBlissey:20181215015545p:plainf:id:MegaBlissey:20181215020051p:plainf:id:MegaBlissey:20181215020204p:plainf:id:MegaBlissey:20181215020152p:plainf:id:MegaBlissey:20181215020003p:plainf:id:MegaBlissey:20181215015945p:plain   2003

s5 f:id:MegaBlissey:20181215020042p:plainf:id:MegaBlissey:20181215020126p:plainf:id:MegaBlissey:20181215020204p:plainf:id:MegaBlissey:20181215020003p:plainf:id:MegaBlissey:20181215015945p:plainf:id:MegaBlissey:20181215015908p:plain   2053

s6 卒論期間につきお休み

s7 f:id:MegaBlissey:20181215020025p:plainf:id:MegaBlissey:20181215020051p:plainf:id:MegaBlissey:20181215015945p:plainf:id:MegaBlissey:20181215020126p:plainf:id:MegaBlissey:20181215015935p:plainf:id:MegaBlissey:20181215020042p:plain   2066

s8  f:id:MegaBlissey:20181215020025p:plainf:id:MegaBlissey:20181215020051p:plainf:id:MegaBlissey:20181215015945p:plainf:id:MegaBlissey:20181215020113p:plainf:id:MegaBlissey:20181215020042p:plainf:id:MegaBlissey:20181215020126p:plain  2010

s9  ジャラランガに屈しました

s10 f:id:MegaBlissey:20181215020025p:plainf:id:MegaBlissey:20181215020051p:plainf:id:MegaBlissey:20181215015945p:plainf:id:MegaBlissey:20181215020042p:plainf:id:MegaBlissey:20181215020126p:plainf:id:MegaBlissey:20181215021423p:plain 2000

s11 モチベなくて潜ってません

s12最高・最終2109 [39位] 要塞カバマンダ

◆はじめに

初めましてティラミスぽけと申します.

今期は一部の方に記事を書いて欲しいとお願いされたため, 簡便ではありますが, 構築記事を書くこととしました.

並びはこんな感じ

f:id:MegaBlissey:20181108020607p:plain

usumに入ってからハピナスとカバマンダの組み合わせを使い続けていましたが, ある方に「メガゲンいないしラッキーの方がよくね?」と言われたこと, またこの並びはsmのs2に2000達成&大学内オフ優勝をキメている並びだったので, 今の環境に合うよう改良を加えてみたところタイトルのような結果となりました. 余談ですが, カバラッキーは5世代に流行った並びらしいですね.

 

◆個体説明(以下, 常体)

 

メガボーマンダ@メガ石 威嚇→スカイスキン

f:id:MegaBlissey:20181108022734g:plain

実数値(メガ時): 189(148)-x-151(4)-159(148)-111(4)-182(+204)

技:羽休め / 火炎放射 / ハイパーボイス /身代わり 

最速ジャロ抜き, -1ランドの岩石を身代りが耐える.

最終日前日まで, この枠は龍舞 / 恩返し / 放射 / 羽の陽気マンダを入れていた.

しかし, 終盤になるにつれてビルドランドが急増し, 恩返しマンダでは太刀打ちできなくなった. そのため, 特殊一本のマンダにし, ランドに身代わりを決められてもいいようにハイボを搭載した. 結果としてマンダは活躍してくれたが, ギャラが少し重くなってしまったのでそこは反省点かもしれない. ツルギハッサムナットを見たら必ず選出していた.

 

カバルドン@ゴツメ すなおこし

f:id:MegaBlissey:20181108022833g:plain

実数値:  215(252)-132-187(+252)-x-93(4)-67

技: なまける / 欠伸 / 地震 / 氷の牙 

物理受けその1 色画像が見当たらなかった.

万が一リザXに剣舞を積まれても後出しから勝てる点, 欠伸による対面操作, ラッキーとの相性等々から採用. 後述するラッキーがステロを撒いた後にこいつで欠伸ループを決める動きが〇

半面, ランドやマンダから威嚇を貰うと起点になりかねないので注意を払って扱う必要がある.

 

ギルガルド@こだわりハチマキ バトルスイッチ

f:id:MegaBlissey:20181108022921g:plain

実数値: 158(180)-112(+252)-170-x-170-90(76)

技: 影うち / シャドクロ / アイへ / 聖剣

この構築のmvp. 初手に最も投げていた.

私のptには受けポケが多い.

そのため, このガルドの型を毒ガルドと誤認する方が多く見られ, 何度も挑発をくらった. そこに返しの鉢巻シャドクロをお見舞いする動きが最高だった.

また, ブレードを晒してもこちらは裏に引けるコマを数多く持っているため, 安心して攻撃技を選択することができた. ラッキーが捕まると面倒なゲンガーもハチマキ影うちで落とすことができる優秀なポケモンだった

 

スイクン@カゴのみ プレッシャー

f:id:MegaBlissey:20181108023007g:plain

実数値: 205(236)-x-168(+140)-110-135-122(132)

技: 熱湯 / 身代わり / 吠える / 眠る

物理受けその2

カバルドンに役割集中することを防ぐことが一つ目の仕事.

もう一つの仕事は相手の高耐久ポケモンのppを枯らすこと.

受けサイクルのような相手はスイクンラッキー@1の並びを突破することが困難であるため, ppを枯らすことで, ほとんどの受け構築に勝っていた. また環境に多い慎重グライの上を取れていることからギロチンに怯えることなく選出できたのは〇だったと思う.

 

ドリュウズ@残飯 かたやぶり

f:id:MegaBlissey:20181108023040g:plain

 

実数値 :217(252) -155-80-x-126(+252)-109(4)

技: 地震 / つのドリル / 毒々/ スマートホーン

この構築で最後に入ってきたポケモン.

ジャラランガゲッコウガ等を入れてみたが, ミミッキュに薄すぎたのでこいつを投入した. オニゴーリに多少強い点やこの構築が呼ぶデンジュモクに負けないコマであるため入れて正解だったと感じている. ドリルは一応覚えているが, これが勝ちに直結した試合がほとんどないため, ppさえ増やしていなかった.毒を覚えているのがこいつだけなので積極的に毒を打つよう立ち回るべきである.

 

ラッキー@輝石 しぜんかいふく

f:id:MegaBlissey:20181108023113g:plain

実数値: 325-x-57(+252)-55-157(252)-71(4)

技: ステロ / 電磁波 / 地球投げ / たまご産み

最強の特殊受け.

ヒレの+6ムンフォで半分入らない辺りにハピナスとの違いを感じた.

このポケモンはやたらと初手にショックテテフを呼び寄せる.

そのため, 先述の ガルドと非常に相性がよかった.

また, カバマンダが重くなりがちなゲッコウガに負けることはないため, 相手にゲッコウガがいれば十中八九選出していた. ただし,ミミッキュの皮を剥がすことができないため, 慎重な立ち回りが要求される.

 

◆選出

この構築に基本選出等はなく, 受けループと同様に相手の6匹全てを見られるように選出する. 特殊・物理を見極める上でリザ検定をする必要があるが, 選出されるのはほとんどリザXである.

 

◆おわりに

 

t.co

作ってみました. 遊んでみてくださいな.

その上で, ここが良いとか悪いとか感じたら, 教えて頂けると嬉しいです.

この記事を読み,この ptを使って, 少しでもカバマンダ+ラッキー(ハピナス)の並びに興味を持ってくださる方が増えることを願っています. 質問等はtwitter

s10の並び

Salamence @ Salamencite
Ability: Intimidate
Level: 50
EVs: 189(148)-x-101(4)-149(148)-101(4)-160(204)
Timid Nature
IVs: 0 Atk
- Roost
- Substitute
- Hyper Voice
- Flamethrower

カバとハピで見れない物理草や物理水, ルカリオなどを一任

 

Hippowdon @ Rocky Helmet
Ability: Sand Stream
Level: 50
EVs: 215(252)-132(0)-187(252)-x-92(0)-68(4)
Impish Nature
- Slack Off
- Ice Fang
- Earthquake
- Yawn

物理受け. 唯一リザXが受かる

 

Blissey @ Shed Shell
Ability: Natural Cure
Level: 50
EVs: 331(4)-x-62(212)-44(101)-186(244)-76(4)
Bold Nature
IVs: 0 Atk
- Soft-Boiled
- Psychic
- Sing
- Seismic Toss

特殊受け. 毒がなくてもあまり困らなかった.

 

Gliscor @ Toxic Orb
Ability: Poison Heal
Level: 50
EVs: 177(212)-116(4)-152(52)-x-137(236)-116(4)
Careful Nature
- Protect
- Substitute
- Guillotine
- Earthquake

歌うあてて昏睡ギロチン.

ギルガルド, カグヤ, ブラッキーなどカバハピでキツイ耐久を担当

 

Metagross @ Metagrossite
Ability: Clear Body
Level: 50
EVs: 175(156)-173(140)-152(12)-x-103(4)-126(196) 
Jolly Nature
- Ice Punch
- Hammer Arm
- Iron Head
- Thunder Punch

テテフのショックがキツイので採用.

その他, レボルトやマンダなどもみる.

 

Mimikyu @ Mago Berry
Ability: Disguise
Level: 50
EVs: 131(4)-x-132(252)-x-125(0)-162(252) 
Timid Nature
IVs: 0 Atk
- Will-O-Wisp
- Substitute
- Curse
- Pain Split

ジャラランガとゴーリを対策.

あとはここまでできつめな物理受け(マンムーなど)に鬼火を当てるのが仕事

 

ミミの枠を要検討

2000には載るがそれ以上は望めない