このブログについて

ティラミスぽけ(@MegaBlissey331)と申します.

本ブログではピンのハピナス・ラッキー入り構築について紹介・考察する.

あとは私の記憶の整理.

 

s11以前の構築は真面目な記事にしていないが, こんな構築を使っていた.

末尾はいずれも最終レート.

最高レートもほとんど変わらない.

20以降潜ってない並びが多いので改良して下さる方がいれば幸いです

 

s1 f:id:MegaBlissey:20181215020025p:plainf:id:MegaBlissey:20181215020138p:plainf:id:MegaBlissey:20181215015935p:plainf:id:MegaBlissey:20181215020254p:plainf:id:MegaBlissey:20181215015908p:plainf:id:MegaBlissey:20181215015945p:plain 2003

s2 f:id:MegaBlissey:20181215020025p:plainf:id:MegaBlissey:20181215015926p:plainf:id:MegaBlissey:20181215020051p:plainf:id:MegaBlissey:20181215015954p:plainf:id:MegaBlissey:20181215020216p:plainf:id:MegaBlissey:20181215020242p:plain 2010

s3 f:id:MegaBlissey:20181215015545p:plainf:id:MegaBlissey:20181215020051p:plainf:id:MegaBlissey:20181215020720p:plainf:id:MegaBlissey:20181215020003p:plainf:id:MegaBlissey:20181215020101p:plainf:id:MegaBlissey:20181215015945p:plain 2002

s4 f:id:MegaBlissey:20181215015545p:plainf:id:MegaBlissey:20181215020051p:plainf:id:MegaBlissey:20181215020204p:plainf:id:MegaBlissey:20181215020152p:plainf:id:MegaBlissey:20181215020003p:plainf:id:MegaBlissey:20181215015945p:plain   2003

s5 f:id:MegaBlissey:20181215020042p:plainf:id:MegaBlissey:20181215020126p:plainf:id:MegaBlissey:20181215020204p:plainf:id:MegaBlissey:20181215020003p:plainf:id:MegaBlissey:20181215015945p:plainf:id:MegaBlissey:20181215015908p:plain   2053

s6 卒論期間につきお休み

s7 f:id:MegaBlissey:20181215020025p:plainf:id:MegaBlissey:20181215020051p:plainf:id:MegaBlissey:20181215015945p:plainf:id:MegaBlissey:20181215020126p:plainf:id:MegaBlissey:20181215015935p:plainf:id:MegaBlissey:20181215020042p:plain   2066

s8  f:id:MegaBlissey:20181215020025p:plainf:id:MegaBlissey:20181215020051p:plainf:id:MegaBlissey:20181215015945p:plainf:id:MegaBlissey:20181215020113p:plainf:id:MegaBlissey:20181215020042p:plainf:id:MegaBlissey:20181215020126p:plain  2010

s9  ジャラランガに屈しました

s10 f:id:MegaBlissey:20181215020025p:plainf:id:MegaBlissey:20181215020051p:plainf:id:MegaBlissey:20181215015945p:plainf:id:MegaBlissey:20181215020042p:plainf:id:MegaBlissey:20181215020126p:plainf:id:MegaBlissey:20181215021423p:plain 2000

s11 モチベなくて潜ってません

s20 最終46位 レート2018 一刀両断カバラッキー

◆はじめに

最終日が休日であり、現状の王道ルールは一旦終了とのことで久し振りに朝までレートに潜りました。並びは以下のもの。基本的にラッキーの電磁波ばら撒きから身代わり持ちのポケモンで嵌めていくように立ち回っていました。

f:id:MegaBlissey:20210801210335j:plain

モジャンボを取り除くだけで構築の見た目が5億倍強そうに見えますね...

◆個体解説

 

ドラパルト@たべのこし(すりぬけ・ようき)

163( )-172(252)-95( )-×( )-96(4)-213(252)

みがわり/りゅうのまい/ドラゴンアロー/ゴーストダイブ

ぽけっとふぁんくしょん!
後述するラッキーの電磁波から身代わり → 竜の舞で積んでいく本構築のエース枠。同速勝負で負けないように最速で使用。以前はこの枠にマンダを当てはめていたもののsラインが微妙で、相手の初手ダイマを透かす動きができない場合が多々あったためドラパに変更。身代わり瞑想クレセやランクルスなど、ラッキーではどうにもならないショック持ちに抗う枠でもあります。ポリ2を呼び寄せるポケモンのため、こいつをいれておくとラッキーがちゃんと仕事をしてくれるな~と感じました。
 

 

カバルドン@フィラのみ(すなおこし・わんぱく)

215(252)-133(4)-187(252)-×( )-92( )-67( )

なまける/じしん/こおりのキバ/ヘビーボンバー

ぽけっとふぁんくしょん!
ラッキーの相方であるメインの物理受け枠。前回記事とほとんど変更点がないため、語ることが特にないです。強いて挙げるとするなら本構築で重いポケモンの1匹であるボディプレジバコイルをラッキーとサイクルしながら処理するよう心がけていました。
 

 

ラッキー@しんかのきせき(しぜんかいふく・おだやか)

325( )-×( )-57(252)-×( )-156(132)-86(124)

タマゴうみ/でんじは/あまえる/ちきゅうなげ

ぽけっとふぁんくしょん!
例のごとく本構築の特殊受け枠。こいつも前回記事と同様の型であり、特段説明する事項はないです。実は先日まで、調整は図太いBSベースで麻痺後にエスバ抜きまでsに努力値を割いた型を使っていました。しかし運がめちゃくちゃ悪いと珠サンダーにラッキーを突破されることが分かったため、調整を戻したという経緯があります。また、上記の調整であればトリックやはたきで輝石を没収されてもある程度耐久を維持できる点はよかったと思います。
 

 

ミミッキュこだわりスカーフ(ばけのかわ・ようき)

131(4)-142(252)-100( )-×( )-125( )-162(252)

トリック/おにび/ゴーストダイブ/じゃれつく

ぽけっとふぁんくしょん!
積みアタッカーに対して切り返していける潰し枠として採用。重めなフェローチェやガラルヒヒダルマに抗える点もGood。今期はあまりマッチングしなかったものの、ゴチルゼルに当たった場合にドラパミミ@1の選出で対面的に立ち回り、勝つことができたため柔軟な選出を可能にするという意味でも本構築に貢献していた一匹でした。
 

 

カミツルギゴツゴツメット(ビーストブースト・ようき)

163(228)-201( )-160(68)-×( )-51( )-171(212)

こうごうせい/みがわり/ハサミギロチン/リーフブレード

ぽけっとふぁんくしょん!
下記、マージュさんの記事から調整を拝借しました。

pokemarju.hatenablog.com

ウオノラゴンや水ラオス、巧みミトムといったカバラッキーでは苦しい奴らを倒せる崩し役として投入。こいつもラッキーの電磁波との相性を考えて、原案の鉄壁を身代わりに変更しました。万が一にもギロチンが当たるとビーストブーストによるA上昇からダイマエースになれるところが強いな~と思いました。身代わり持ちということもあり、あまりゴツメが活きる瞬間はなかったため、残飯などに変えてみるのもアリかもしれません。

 

 

アーマーガア@オボンのみ(プレッシャー・わんぱく)

205(252)-107( )-172(252)-×( )-105( )-88(4)

はねやすめ/みがわり/ビルドアップ/ブレイブバード

ぽけっとふぁんくしょん!
ナットレイやブリザポス、ゴリランダーなどカバでは役割を果たせなさそうなときに選出する第二の物理受け枠。当然、こいつもラッキーの電磁波から嵌めていけるよう身代わりを採用。また、鉄壁+ボディプレにすると、ラッキーの苦手なゴーストタイプに役割を果たせなくなるため上記の技構成に。特性をプレッシャーにすることでこだわったウーラオスが積極的にメインウェポンである「すいりゅうれんだ」や「あんこくきょうだ」を打ってこなくなる(打てなくなる場合も多々あった)点が偉かった。もう少しsを伸ばしたいとも思ったが数値がカツカツなので断念。
 
◆証拠
TNは「Grammatica」

f:id:MegaBlissey:20210802224936j:plain

f:id:MegaBlissey:20210802225143j:plain

◆所感

ここ数か月でプリコネにドハマりしてしまい、Switchの電源さえ付けていませんでしたが久しぶりに遊んでみると楽しいもんですね。実はまだ冠レギュレーションで使ってみたい並びはあるので、このルールが戻ってきたときはまた頑張ってみます。

今年のカレンダーは最終日が土日に割り当たっている月はもう無いらしく絶望してます😱

 

◆おわりに

カバラッキーの取り巻きを決定する上での参考にしていただければと思います。

使いやすい/使いにくい点などありましたら、是非教えてください。

自分のお勉強にもなるので。

f:id:MegaBlissey:20210802231059j:plain

 

~Special Thanks~

最終日の朝4時に潜っとけやと促してきたぼんこふ

色プレッシャーガアを提供してくれたジェッツさん

ミミッキュを提供してくれたうぇぶりお

一緒に最終日頑張ろうと「優しい」DMをくれたカスケード

Vtuberに3万スパチャしてる話とか最寄りのスパ銭の話とかして笑ってた通話窓のオタク軍団

 

s13 最終71位 レート2065 Gen8なカバラキマンダ

◆はじめに

DLCが解禁されてカバラキマンダを組めるようになったため, 取り巻きをいろいろ試行錯誤していた. そんな中, 基礎となりそうな並びが1つ見つかったため記事にすることとした. 並びは以下のもの.

f:id:MegaBlissey:20210101153239j:plain

以前と比較し, 現環境では構築に自分の色を反映させることが難しいと感じるため, ユニークな並びを構成できたことは満足ポイント. ただ, 完全に煮詰め切れている訳ではないため, 改良してくださる方がいれば幸いです.

◆個体解説

 

ボーマンダ@たべのこし(いかく・ようき)

177(52)-180(200)-100( )-×( )-101(4)-167(252)

ダブルウイング/げきりん/みがわり/りゅうのまい

ぽけっとふぁんくしょん!

エース枠 技構成として, ダブルウィング, 身代わり, 竜舞の3枠は確定していたが, 最後の枠の逆鱗は一度も打つことがなかった. この技スぺは構築に合わせて重いポケモンに対する打点を入れればよいと思う. 自分が逆鱗を採用したのは, DM時のAダウンとサンダーへの打点を考えた結果. 舞ったのち身代わりを押すことで, 相手のDMを丸々3ターン枯らせることもよくあった.

 

 

カバルドン@フィラのみ(すなおこし・わんぱく)

215(252)-133(4)-187(252)-×( )-92( )-67( )

なまける/じしん/こおりのキバ/ヘビーボンバー

ぽけっとふぁんくしょん!

ランドやエースバーンを見る枠として採用. 特筆すべきことがない. 初めて木の実カバを使ったが, フィラを持たせることでカバの前で悪だくみしてくる愚かなアーゴヨンを駆逐できるのはいいなと思った. こいつで対応しきれない物理打点は後述するミロカロス&モジャンボが担当する.

 

 

ラッキー@しんかのきせき(しぜんかいふく・おだやか)

325( )-×( )-57(252)-×( )-156(132)-86(124)

タマゴうみ/でんじは/あまえる/ちきゅうなげ

ぽけっとふぁんくしょん!

本構築のMVP

Sラインは麻痺後のウツロ抜き. ここまでSを振り, なおかつ電磁波甘えるを両採用することによってラッキー自身が物理受けになれる. ラッキーの前で悠長に剣舞してくるミミッキュなどは, 電磁波→甘える連打でよい. これによりラッキーを突破できなくなった相手を5億回TODで倒していた. Sラインを引き上げて嵌める範囲を拡大するのもアリだと思う.

 

 

モジャンボゴツゴツメット(さいせいりょく・のんき)

207(252)-121(4)-252(252)-130( )-70( )-63( )

エナジーボール/はたきおとす/きあいだまやどりぎのタネ

ぽけっとふぁんくしょん!

カバでは見れないカミツルギ・ウオノラゴン・ウーラオスなど物理の水草打点を担当. きあいだまを搭載することでめざ炎がなくてもツルギを倒せる. 交換読みではたきを打つことで, 珠を落とし, 裏での受けを容易にすることも仕事.

 

 

エースバーン@とつげきチョッキリベロ・ようき)

157(12)-167(244)-95( )-×( )-95( )-188(252)

かえんボール/とびひざげり/とんぼがえり/ふいうち

ぽけっとふぁんくしょん!

サイクル性能が欲しかったため, チョッキで使用. またトリックを読み, こいつを出すことで, 相手のトリックを封じることが可能. 基本的に初手に出し, 相手のDMを誘発して裏のポケモンで受ける動きが強かった. 構築単位で重めなガラルファイヤーなどはこいつとラッキーの並びで始末していた. 不意打ちの枠は適宜変更してよいと思う.

 

 

ミロカロス@かえんだま(ふしぎなうろこ・ずぶとい)

195(196)-×( )-144(252)-120( )-145( )-109(60)

ねっとう/こごえるかぜ/じこさいせいくろいきり

ぽけっとふぁんくしょん!

ここまでで重いポケモンとしてブリザポスが挙げられる. この枠はもともとスイクンだったが, ブリザポスにカモられすぎるため解雇. そんな中, 自己再生の有無と能力値リセットが使えるミロカロスを思いつき採用に至った. Sラインを凍風後ミミッキュ抜きまでに抑えているが, もう少し欲張ってSを伸ばしてもよい気がする. 当たってはいないが, こいつとラッキーで瞑想クレセを対処できるのは安心.

 

◆証拠

f:id:MegaBlissey:20210101165100j:plain

 

◆所感

最近ではラッキーと一緒にカイリューが入れられているケースが多いように感じるが, マンダもアリなのでは?と考える機会となれれば幸いです. しばらくは仕事がアレな感じになりそうなので潜れるかわかりませんが, また暇を見つけて構築を模索してみます.

 

◆おわりに

案を貰わず1から全て考えたのは真皇杯本戦以来だったので疲れますた.

最後に書くのもアレだけど, 本年もよろしくお願いします.

レンタルチーム

f:id:MegaBlissey:20210101171131j:plain

いろいろ弄って改良してくださいませ

~Special Thanks~

マンダレイドに参加させてくれたジェッツさん

キョダイエスバを貸してくれたぼんこふ

ミロカロスレイドに参加させてくれたシャロちゃん

年末にフレ戦してくれたラクガキ君・大統領

s8 最高41位/最終92位 レート2108 モジャカバラッキー

◆はじめに

5億年ぶりに記事を書きます.  というのも対戦回数が100回以下で2100に載ったことは過去になかったという点, そしてDLCが解禁されたことにより, 今期からラッキーが使えるようになった点の2つがあるためです. 使った並びはこんなの

f:id:MegaBlissey:20200802005834j:plain

USUMの時に使っていたモジャカバハピナスの並びを現環境に適応できるように構成を変えたものになってます. DM環境下で, みがわりラッキーが強いのではないか?というぼんこふ(@bonkohu23)の案を取り入れて構成しました. 

◆個体解説 (以下, 常体)

ぽけっとふぁんくしょん!

ギャラドス@たべのこし(いかく・ようき)
177(52)-171(204)-99( )-×( )-120( )-146(252)
たきのぼり/とびはねる/りゅうのまい/みがわり

HPに残飯調整を施した普通のギャラドス. 後述するラッキーで電磁波をばらまいた後にみがわりを置いたり, 滝登りでまひるみを狙ったりする. 最速にしている理由はキッスにSで負けたくなかったから. また, 過去作のように威嚇からの受け駒引きは多用していた.

ぽけっとふぁんくしょん!

カバルドン@たつじんのおび(すなおこし・わんぱく)
215(252)-133(4)-187(252)-×( )-92( )-67( )
なまける/じしん/かみなりのキバ/ヘビーボンバー

ちょっとおかしなカバルドン. 帯を持たせることで, 素ギャラに1回でも砂ダメが入ればH4振りDMギャラをダイサンダーでワンパンできる. また, 相手のギャラの+1珠ダイストリームもDMを切れば耐えるので, 実質ギャラドスホイホイである. ミミやドラパのダイホロウを食らっても, ダイスチルを使えば裏に引く必要も無くなる. 使用感としては3Wのポリゴン2が一番近いんじゃないかと思う. 

ぽけっとふぁんくしょん!

ラッキー@しんかのきせき(しぜんかいふく・おだやか)
325( )-×( )-57(252)-55( )-158(148)-84(108)
タマゴうみ/でんじは/ちきゅうなげ/みがわり

素早さのラインは麻痺した100族抜きとしている. 以前は, みがわりの枠がステロだったが, TODをするため, そしてダイマを枯らすためにみがわりを採用した. 副産物として, こだわりトリックによる崩しのケアにもなっていた. ギャラ・ドラパ・キッスを意気揚々とフィールドに出した後, 即ラッキーバックをするとDMを切ってくれる優しい人も多かったように思う. (努力値配分を修正しました. ご指摘ありがとうございます)

ぽけっとふぁんくしょん!

モジャンボ@バコウのみ(さいせいりょく・のんき)
207(252)-120( )-194(252)-130( )-71(4)-×( )
ギガドレインヘドロばくだん/はたきおとす/やどりぎのタネ

マリルリ/ゴリランダー/ウーラオスなどカバでは対処しきれない範囲の物理受けを担当. はたきおとすは後投げされるエースバーンの珠を落としたり, こだわりアイテムを叩いてラッキーの介護をすることなどに役立った. バコウを持つことで, 気持ちアクロバットゴリランダーに強くなる点を評価して持たせた. 特性のおかげでTODの際にも活躍する.

 

(カッコ内は努力値)

ドラパルト@こだわりハチマキ 

f:id:MegaBlissey:20200802020327p:plain

163-189(+252)-96(4)-x-95-194(252)

ドラゴンアロー/鬼火/ゴーストダイブ/とんぼ返り

(老人なので知らなかったのですが, 剣盾のポケモンは, ぽけふぁんのPGLカードを生成できないんですね...) 構築上, 受け駒が多いため, みがわりを使った絡め手に隙を見せやすいことや微妙な数のゴチルゼルに抵抗するためにいれたポケモン. こいつとギャラドスを構築に入れることで, 相手のポリゴン2を呼び寄せ, 選出を誘導することができていたと考えている. 順位の低いところでは脳死でアロー連打しているだけで勝てる試合も多く, 完全に意地鉢アローの火力に魅了されたいた. 

ぽけっとふぁんくしょん!

トゲキッス@ラムのみ(てんのめぐみ・おくびょう)
175(116)-×( )-104(4)-157(132)-136(4)-145(252)
エアスラッシュ/マジカルフレイム/みがわり/わるだくみ
出してません. 構築として改良するなら確実にここだと思う. ただ, ラッキーとの相性は良いと感じるため, 朝の日差しを採用し, サイクル参入できるようにするか, 他の崩しが担えるフェアリーを入れてもいいかもしれない.
※追記 他の人の記事を見てて, ねむかご悪巧みにしたら回復ソースが天候に依存しないため強そうかな?と思った

 

◆所感

社会人になってしまったが, それでも多少は勝つことができたのは素直に嬉しかった. 最終日が週末でなければ, 潜ることは難しいが, 偶然にもDLCが解禁された今月, それが叶った. 今後も無理ない程度に頑張ります. 8世代でも有志の方々にカバラッキーを開拓してもらえると嬉しいし, その際にこの記事が何かのヒントになれれば幸いです.

◆おわりに

念のために結果の写真を貼り付けます. TNはGwyndolin

f:id:MegaBlissey:20200802025012j:plain

f:id:MegaBlissey:20200802024020j:plain

レンタルチーム

キッスは眠るの方が強かったので

f:id:MegaBlissey:20200804144138j:image

スペシャルサンクス

色々ポケモンを貸してくれたり, 構築相談に乗ってくれたぼんこふ

菱形色ラッキーを乞食させてくれたあかねっち

菱形色モジャンボを乞食させてくれた某ヘイホー

 

【日記】s2とシングル厨の構築

最終日 最高 92位 / 最終 155位

シングル厨 ベスト8

朝まで潜る気は無かったからランクマの結果はいいんだけど、シングル厨はスクリーン出られるかも?くらい自信はあったのであと一歩及ばず悔しい  最近更新してなかったから投稿

f:id:MegaBlissey:20200202140558j:image

【日記】真皇杯ラスチャレ4位/本戦6位 電磁トリル式カバラッキー

作文はしたくない人なので採用意図などつらつらと.

s16は丸一か月レートに潜れず, 悔しい思いをしていた.

また, 最近では型共有問題などがあり, レートよりもオフ対戦で結果を残したいと考えていた. そんな中, 真皇杯ではそれなりに良い結果を残すことができたので日記を書きたくなった.

f:id:MegaBlissey:20190923162525j:plain

カバマンダラッキーカグヤは安定してサイクルを回せるものの, 積みアタッカーに崩されやすいため対面性能が高めなミミッキュゲンガーを入れて, ストッパーと崩しを担ってもらう.

実数値は真皇杯公式がまとめて下さったのでそちらを参照ください.

pokesub.org

(公式が誤ってますがマンダはH実数値は177. ラッキーカグヤゲンガーのB個体値30なのは内緒)

マンダのsラインを変えず物理型にして, いつものカバラッキーを添えた.

特殊マンダ一点読みをするジバコドランが面白いように沈んでいった.

地震→竜舞も強そうだけど試す時間がなかった.

カグヤも放射めざ氷型の耐久振りにして型の一点読みに刺さる構成とした. 

また, この構築は炎打点を持つのがカグヤだけになってしまうので相手の鋼を呼びやすい. 鋼への打点を考えミミッキュをゴーストZにした. バシャバトンのような展開を破壊するため, 呪いトリルを採用したくなり, やむなく影うちを切ったが, そこまで困った場面に遭遇しなかった.

ゲンガーの構成だがラスチャレと本戦の2日の間, 本戦最後のブロック抜け確の状況でしか催眠は押さなかった. 窮地に陥るまで催眠を押す必要はない.

過度にアーゴヨンの身代わりを警戒しすぎない

 

3ds-sp.pokemon-gl.com

QR上げときます. ご意見などありましたら是非.

 

最後に, こんな私を応援してくださった方々ありがとうございました.

正直とても嬉しかったし, また来年も真皇杯に参加したいと思えました.

 

私の7世代ガチ対戦はここで終わりです.

8世代でまた頑張ります.

s15・s16の使用構築

記事を書くのが怠いので簡便な構築紹介

s15 最高2076くらい

テテフのキネシスをショックにして受け回しをちゃんと破壊出来るようにしてあげれば21いけるかもしれない.

f:id:MegaBlissey:20190827223721j:image

s16 最高2013

中盤1位を取れた構築

ミミがHABなのはギャラに対するせめてもの抵抗 マンダの一点読みが多くてガン刺さりしたが時間的に潜ることが厳しくて1ヶ月くらいレートしてないので紹介

f:id:MegaBlissey:20190827223714j:image

無いとは思うけど質問等はTwitterまで